2020年8月25日   角川ソフィア文庫
   古事記の神々  付古事記神名辞典
      ¥1056-(960円+税) 336ページ  KADOKAWA
  電子版 同時配信


河鍋暁斎さんをお借りしています。

        目 次

   はじめに 古事記を読みなおす
   神話構成対照表

 第一章 謎の太陽神
   アマテラスと伊勢神宮
   アマテラスと三種の神器
   笑われるアマテラス、援助するネズミ
 第二華 造化の神
   タカミムスヒの正体
   カムムスヒはどこに
   海の彼方のカムムスヒ
 第三章 産み、作る神
   神がみの出産
   オホヤピコと木の国
   根の堅州の国のスサノヲと祝福されるオホナムヂ
 第四章 翡翠の川の女神
   沼河比売と翡翠
   ヌナガハヒメとミホススミ
 第五章 出雲神話の神
   タケミナカタと州羽
   オホクニヌシと出雲大社
 第六章 ヤマト三輪山の神
   オホモノヌシと三輪山
   三輪山にいます神
 第七章 海の神、山の神
   ウミサチビコとヤマサチビコ
   山の神

   おわりに  敗れし者たちへ
   あとがき
   初出について・参考文献一覧

 
古事記神名辞典

    コラム奈良盆地の三人 太安万侶/女鳥王/目弱王
    神代系図 イザナキ・イザナミの子生み/イザナキの祓ぎと高天の原でのウケヒ
       スサノヲの系図/オホトシの系図/オホクニヌシの系図/アマテラスの系図


『古事記・再発見。』(2016年、KADOKAWA)の文庫化ですが、
この本の売りは、付録の「古事記神名辞典」です。
文庫でも単行本でも、これだけ手軽に古事記の神名すべてを検索できる本は、
今までなかったのではないかと思います。
しかも、その解説は、簡にして要。まっこと楽しい本です。
ぜひ、お手にとってご覧ください。


「古事記神名辞典」の見本をご覧になりたい方は、こちらをクリックしてください。
ゲラなので、変更があるかもしれませんが、このような体裁で、中巻・下巻に登場する神も含めて、
およそ400項目、 約75ページの分量です。

ただ今Net書店にて、好評予約受付中 !!

 Amazon 楽天ブックス  honto  7net 
 紀伊国屋書店 TSUTAYA   E-hon Honya-club 




Copyright (C) MIURA Sukeyuki All rights reserved.