角川ソフィア文庫 / 角川学芸出版
三浦佑之 / MIURA Sukeyuki
平 城 京 の 家 族 た ち
−−ゆらぐ親子の絆−−
2010年1月23日発売            ¥900-(税込)

1996年に出した『万葉人の「家族」誌』を改稿し、改題したものです。
ずいぶん読みやすくしたつもりです。ぜひ、お買い求めください。

とりあえず、こちらを

ISBN 978-4-04-409414-0-C0195

Amazon で買えます

セブンネットショッピング(旧 7&Y) で買えます

楽天ブックス にもあります

e−hon で買えます


書評/紹介

「サンデー毎日」3.28増大号(3月16日発売)
「本の整理術」のページに、大きく書評・紹介していただきました。
評者は、中村貴美江さんです。

「クロワッサン」3月25日特大号(3月10日発売)
「著者インタビュー」(p.106)ページに、『平城京の家族たち』の著者として
写真付きで紹介していただきしまた。ぜひご覧ください。

「東京新聞」「中日新聞」2010年3月7日(日)朝刊
「文庫」コーナーで紹介していただきました。

「北海道新聞」2010年2月26日(金)夕刊
<カルチャープラス アラカルト本棚>の欄に
「制度」という見出しとともに紹介していただきました。

「讀賣新聞」2010年2月22日夕刊
本よみうり堂の「新刊立ち読み」コーナーに、
表紙のカラー写真付で紹介されています。

「週刊文春」2010年2月18日号(2月10日発売)
p.121「文庫&新書」コーナーに紹介記事


目次はこのようなかたちになっています


序章 古日本「家族」誌のために

第一章  母と子
1 神の子と聖母
2 赤い血・白い乳−−母と息子
3 監視と自立−−母と娘

第二章  父と子
1 「所有」の呪力−−父と娘
2 譲るということ−−父と息子
3 ヤマトタケルの物語−−対立する父と息子

第三章  親和と対立−−七世紀の親子関係
1 アマテラスとスサノヲ−−交叉親子と平行親子
2 クシナダヒメの家族−−父系と母系
3 サホビメの場合−−崩壊する母系

第四章  制度の中の家族と親子−−八世紀家族の成立
1 律令と八世紀社会
2 戸籍にみる家族
3 理念としての家族

第五章  揺らぐ家族−−『日本霊異記』と八世紀
1 乳の喪失
2 律令官人と家族
3 都市生活と母
4 欲望の果てに
5 癒されない家族

終章 山上憶良の歌う家族

 単行本あとがき
 文庫版あとがき
 参考文献
 引用資料索引


ISBN:9784044094140




Copyright (C) MIURA Sukeyuki All rights reserved